術後患者にわいせつ行為の罪に問われた医師に無罪判決

わいせつ行為のニュース わいせつ行為のニュース

東京・足立区の病院に勤務していた男性医師が、手術後の女性患者にわいせつな行為をした罪に問われている裁判で、東京地方裁判所は「被害者の体から採取された被告のDNAは、つばが飛んだ可能性も否定できない」と指摘して、無罪を言い渡しました。

無罪判決を受けたのは、東京・足立区の病院に非常勤で勤務していた43歳の男性医師です。

医師は3年前、手術が終わったばかりの当時30代の女性患者にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつの罪に問われ、一貫して無罪を主張していました。

20日の判決で、東京地方裁判所の大川隆男裁判長は、「女性の証言の核心部分は具体的で迫真性があるが、手術のための麻酔から覚めるときに意識が薄かったことの影響を受けた可能性があり、証言の信用性には疑問を差し挟むことができる」と指摘しました。

また、被害者の体から採取された医師のDNAについて、「警察のDNA検査の結果の取り扱い方に問題があり、医師のつばが飛んだ可能性も否定できない」と指摘して、無罪を言い渡しました。

医師「判決は納得できる」

無罪判決を受けた男性医師は会見で、「判決は、事件について掘り下げて検討されていて、納得できるものでした。今後は、麻酔の影響を受けている患者を診察する際には、看護師や家族といった複数の人がいる場で行う対応が必要だと思いました」と話していました。

弁護士「ずさんな方法でDNA鑑定」

男性の弁護を担当した高野隆弁護士は「今回の事件では、採取されたDNAの量が重要だったにもかかわらず、警視庁のDNA鑑定では、研究員が1人で鑑定した際に余った試料を捨てるなど、ずさんな方法で行われていた。刑事裁判の証拠にするにはデータを残して客観的に検証できるようにする必要がある」と話しています。

被害訴えた女性「非常に驚いている」

被害を訴えた女性は弁護士とともに会見に臨み、「無罪の判決が出たことに非常に驚いています。医師本人のDNAまで出ているのに、麻酔の影響による幻覚があったなどという理由でこのような判決が出ることは許されない」と話したうえで、検察に控訴するよう要望したということです。

東京地検「内容を検討し適切に対処」

無罪の判決について、東京地方検察庁の久木元伸次席検事は「判決内容を十分検討して適切に対処したい」というコメントを出しました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190220/k10011821521000.html

医師のわいせつ行為ニュースに対する世間の反応

むずかしいのは、痴漢冤罪の構図と同様、冤罪を作り上げる(また、せん妄による誤認も)者もいる一方、実際に痴漢行為をおこなう不届き者も、実際に被害に遭っている人も、確かにこの世に存在するということ。

故に、周囲や関係者はイメージだけにとらわれず、逐一経緯詳細を入念に検証する必要がある。

カメラ・音声レコーダーの(ただし、節度ある)活用も有効かもしれない。

せん妄の可能性は当初からずいぶん指摘されていた。せん妄はよく起こること。
なのに起訴まで持っていった検察は、どこに勝算があったんだろうか?

鑑定物が残っていないというのは、無罪の証拠をわざと隠滅したんじゃないかとすら思えてくる。

よかった。本当によかった。
こんなことで医療者が訴えられるなら、
誰一人として仕事を続けることはできない。
先生には、不当に長い期間の拘束、
嫌がらせなど相当なご苦労があったと思います。
全医療従事者にとって明日は我が身。
他人事では済まされない、
許せない事件です。

コメント