“不倫相手に離婚の慰謝料請求できず” 最高裁が初判断

不倫 裁判 不倫のニュース

配偶者の不倫が理由で離婚した場合に、不倫相手に対して離婚の慰謝料を請求できるかが争われた裁判で、最高裁判所は「特段の事情がなければ、離婚の慰謝料を請求できない」とする判断を示しました。不倫そのものに対する慰謝料は一般的に認められていますが、離婚に対する慰謝料を不倫相手に請求できないとする判断は初めてです。

この裁判は、4年前に離婚した関東地方の男性が、9年前まで元妻と不倫関係にあった男性に対し、離婚によって精神的な苦痛を受けたとして、およそ500万円の慰謝料などを求めていました。

裁判では、離婚に対する慰謝料を配偶者ではなく過去の不倫相手に請求できるかが争点となり、1審と2審は元夫の訴えを認めておよそ200万円の支払いを命じていました。

これについて、最高裁判所第3小法廷の宮崎裕子裁判長は19日の判決で「離婚は本来、夫婦間で決めることで、不倫相手が直ちに離婚させた責任を負うことはない」と指摘しました。

そのうえで「不倫にとどまらず、婚姻関係に不当に干渉して意図的に離婚させたような特段の事情がなければ、不倫相手には離婚の慰謝料を請求できない」とする判断を示し、これまでとは逆に元夫の訴えを退けました。

不倫そのものに対する慰謝料は一般的に認められていますが、離婚に対する慰謝料を特段の事情がないかぎり、不倫相手に請求できないとする判断は初めてです。

最高裁判決の詳細

最高裁判所の判決の詳細は以下のとおりです。

「夫婦は相手に対し、不倫などの行為によって離婚をやむなくされ、精神的な苦痛を負った場合、賠償を求めることができるが、今回の裁判では夫婦間ではなく、不倫関係にあった第三者に対して、離婚に伴う慰謝料を請求したケースだ。夫婦が離婚する経緯は事情によっていろいろあるが、協議上の離婚と裁判上の離婚のどちらであっても、離婚による婚姻の解消は、本来それぞれの夫婦の間で決められるべき事柄だ。したがって、夫婦の一方と不倫した第三者は不倫によって夫婦の婚姻関係が破綻して離婚したとしても、直ちに離婚させたことを理由とする不法行為責任を負うことはない。第三者が不法行為責任を負うのは、単に不倫をするだけでなく、夫婦を離婚させることを意図して、婚姻関係に対する不当な干渉をするなどして、離婚させたと評価すべき特段の事情があるときに限られる。このため夫婦の一方は他方と不倫した第三者に対して、特段の事情がないかぎり、離婚に伴う慰謝料を請求することはできない」

不倫知って3年以内に請求しなければ賠償難しく

今回の裁判で元夫が、一般的に認められている不倫そのものに対する慰謝料を請求しなかったのは、不倫がわかってから3年の時効が過ぎていたためとみられます。

配偶者の不倫が原因で離婚に至った場合、一般的に「不倫行為」に対する慰謝料を不倫相手と配偶者に請求できるほか、「離婚」に対する慰謝料を配偶者に請求できます。

しかし不倫行為に対する慰謝料は不倫の事実と相手を知ってから、3年以内に請求しなければならず、これを過ぎると時効になると法律で定められています。

今回のケースで、元夫は平成22年に元妻の不倫を知り、平成27年に裁判所の調停によって離婚が成立。その後、同じ年に不倫相手に対して今回の裁判を起こしました。この時点で、すでに不倫を知ってから3年を過ぎていました。

このため元夫は不倫相手に対し、離婚に対する慰謝料を求めたとみられます。

今回、最高裁が不倫相手に対しては特段の事情が無いかぎり、離婚の慰謝料を請求できないという判断を示したことによって、今後は、不倫を知ってから3年以内に請求しなければ、不倫相手に賠償させることは難しくなったといえます。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190219/k10011820141000.html

不倫せざるを得ないなら内密に

「セックスレスで仕方なく…」
「不倫された仕返しに…」

既婚の男女が不倫する理由は人それぞれだと思います。

完全に自己責任のお話ですが、実際に不倫の出会いを求めて出会い系サイトやマッチングアプリに登録する既婚男女は非常に多いです。

例えばこちらのページで紹介している出会いのサービスでは、登録目的に『不倫・浮気』というカテゴリーがあるくらいメジャーです。

不倫・浮気の出会い
不倫したい人妻や浮気したい既婚男性など、遊びの相手に出会える優良な出会い系サイト・アプリを紹介します。

会員の半数程度が既婚者だったりもするので、人は年齢や家族構成関係なく、常に出会いを求め続けるものなのかもしれませんね。

不倫の慰謝料請求のニュースに対する世間の反応

慰謝料という点では不満が残る結果になったでしょうが、相手に仕返しという点ではこれだけ裁判が長引いたことで、ある程度ダメージを与えることが出来たのではと思います。
しかし・・・特段の事情って漠然とし過ぎてて理解出来ないわ。

特段の事情とは?不倫をされた時点で配偶者を嫌になるのは理解できることだから、それが影響で離婚したら立派な特段の事情になるのではないか?

「特段の事情」の定義と要件について、
今後争われることになるんだろうな…
そういう意味で、
この判決は将来に一石を投じたと言っても良いのではないでしょうか。

不倫に対する慰謝料は今まで通り払われますよ。
3年以内に請求すれば。
それとは別に離婚に対する慰謝料は払われないってことですね。そう書いてあります。
3年以上も経てば、不倫以外の離婚理由もあるかもしれないですしね。
不倫が理由で離婚するにしても、しないにしても、請求しておけばいいだけじゃないですか。

長い間の常識が一気に否定されたってこと?
よくわからないんですけど‥
記者さん、もっとキチンと取材して記事にして下さい。
今後は不倫の慰謝料請求は法的に認められないってことですか?
なんかわからないけど、今回だけ特段の事情ってものが無かったから却下されたってことですか?
メディアに関わる人なら、最低限、変に誤解を招いたりしないくらいの記事を書いて下さい。
もしかしたら、最近流行りの切り取り報道で、視聴者を釣るテレビと一緒の悪徳記者ですか?

あぁー残念な結果…。 こんな元妻と離婚して正解! 子どものために良く耐えたなと。
せめていい人と出会えますように

これで『世間的に、不倫での慰謝料は支払う必要はありません』て事になったわけではないですが、言われてみれば『そうだよな』と思いました

ベッキーの不倫騒動以来の『不倫=極刑に処する』世間の過剰反応に一石を投じた判決で、最高裁に粋を感じました

不倫相手に「不倫の」慰謝料請求する時は、事実を知って3年以内に。その際、不倫が原因で離婚していれば慰謝料増額できるということは間違いなく、今回の判決で不倫で慰謝料払わなくてOKと勘違いしている皆さんはご注意を!

今回は5年以上経っての請求だったから、無理無理の無理でした。1、2審の判決がクソだった…不倫相手方の弁護士GJ。「離婚の」慰謝料は妻には請求できたのに、不倫相手に請求したのが間違いでしたね。感情で訴訟しちゃダメな例。

この裁判の争点を知らずにコメントしている人が多すぎ。

不倫の慰謝料は、不倫を知ってから3年、この裁判ではそれは既に時効。
この夫婦は時効が過ぎてからやっぱり離婚!ってなって、離婚の原因はあの時の不倫だからやっぱり慰謝料欲しい!っていう話。

一般的な不倫の慰謝料が請求できないっていう話ではないので誤解されている方はもう一度裁判の経緯をよくお読みになった方がよいと思います。

コメント